3

綿織物業

平山繊維株式会社

HIRAYAMA TEXTILE Co.,Ltd


1919年(大正8年)創業の 綿織物一筋の機屋が伝統を継承し世界に発信。
日本の風土の中で、永年にわたり庶民の生活に密着し育まれてきた小巾白木綿(登録商標和泉木綿)の素材に、 注染本染(ちゅうせんほんぞめ・大阪府伝統工芸指定)の染技法を駆使した製品
(歌舞伎・落語・舞踊などの伝統芸能に不可欠な手拭・浴衣などの文化的製品他)を企画製造販売しています。
素材から製品まで、自社のオリジナルからOEMまで幅広く対応しています。
歌舞伎・落語・舞踊などの伝統芸能に不可欠な手拭・浴衣などの文化的製品他

【取扱商品】

①ガーゼ(軽布)から帆布(重布)まで幅広く製織可能
②手ぬぐい・浴衣・和泉木綿・ストール・バッグなどのオリジナル商品

【日本の文化を紡ぐ。平山繊維の「和泉木綿」】

和泉木綿は江戸時代より大阪・泉州で製織されてきた綿織物。
毛足が長く良質な和泉産の綿花は細い糸を紡げ、その糸で織り上げた綿織物は、手拭や浴衣などに用いられ「和泉木綿」の名で高く評価されました。
安価な輸入綿に押され、明治時代後半には姿を消した"幻の地場産品"「和泉木綿」。
しかし近年、地元の綿業者たちによって地場ブランドとして復活。海外からの安価な製品がもてはやされる昨今、繊維の職人(マイスター)ならではの厳しい目で良質な繊維製品を提供します。

織物の技術とは1次元の糸で2次元(3次元)の布を作る次元変換技術であるといえる。
生産機械である織機もMachine(マシーン)ではなくLoom(ルーム)と呼ばれる。
織機の技術革新が広巾化・高速化の方向(無杼織機)に向かったのに対して、耳のある小巾織物の品質向上を図った小巾自動織機(有杼織機)の開発に着手・完了した。
その努力に対して平成4年大阪府より表彰されました。


【和泉木綿のいろいろ】

素材から製品まで、自社のオリジナルからOEMまで幅広く対応しています。

素材から製品まで

会社の特性

自慢の技術者

常深慶一(つねみけいいち・泉州織物構造改善工業組合商 品開発室。元大阪府産業技術総合研究所。)80歳超ではあるが未だ現役。 座学の知識から織布技術(経験)までの生き字引。

最低ロット

600m

サンプル見本対応

可能です

工場見学

事前連絡必須(日本語対応のみ)

担当者

平山 康夫(代表取締役社長)

会社概要

役職・代表者名

代表取締役社長/平山康夫

TEL

072-261-9425

FAX

072-261-9426

E-mail

info@izumimomen.com

ホームページ

http://izumimomen.com

所在地

〒590-0813 大阪府堺市堺区神石市之町16-16

大きな地図で見る

Copyright(C)2012 Osaka-S-S-K.network All Rights Reserved.